詩的ポエム

#1 ウンコ踏んじゃった ウンコ踏んじゃった ウンコ踏んじゃったから 萎えちゃった 雨降ってきた 雨降ってきた 雨よく降ってきた 救われた *** 水たまりに 靴を浸して 壁蹴り 延々繰り返した トンネルのコンクリートには 無数の染みが できていた いつしか 雨は止んでいた #2 君がしゃぶったソーセージ ウシさんブタさんどう思う てめえのカアサンどう思う 街のオジサン喜んでも 君の父さんは喜ばない #3 私の家計簿には 会社名と金額を書く 例えば「柿ピー198円」 →「亀田製菓に198円」 不誠実な会社には 金はくれてやらない #4 レのサパテアードすき #5 初秋の某夜 二時まで起きていた *** 小便に向かう途中に 踵が何かを巻き上げた 照らした灯の下 私は 百足を蹴っていた *** お互いに緊張が走る 彼は逃げ場を求め 私はキンチョールを探した 彼から一時的に目を離したが 最後にトイレに逃げるのを見た しかしながら 戻ってみるともぬけの殻 「知能あるやん」 *** しばらく途方に暮れ 私は顔を洗うことにした 静夜に響く水の音 タオルで顔を拭いつつ 目の端で再び彼を捉えた 「所詮はボウヤか」 (この後は省略) #6 どんなに尊敬され お金を稼いだとしても 女の子に嫌われるのは辛い #7 愛だの恋だのと綺麗事を抜かすな #8 私のために働いてくれる物が好きだ 私のために働かない物はゴミだ 私は私が働くからといって 誰かから好かれるのはゴメンだ 私はあくまでも私のために働きたいからだ #9 Death, The Only Way to Heaven. 天国に行きたいならまず〇ね lamanchaトップページ